wizowizo’s blog

サッカーと音楽についてぼちぼちと。

レノファ山口 初維新だよ観戦記 〜維新後〜

※維新観戦も終わりここから山口旅行記になります。


朝4時起き飛行機移動、観光地巡りを挟みさらに試合観戦。
アウェイ遠征に慣れていない我が家の体力は、0どころか着実に疲労の蓄積が開始されている。
息子は既に夢の中。

湯田温泉まで徒歩を選択したが、試合後の高揚感からかあっさりと旅館に到着と言っても時刻は既に10時前。

近くに豆子郎のお店があることはリサーチしていたので、晩酌のお供にと購入。

ザ・贅沢。

この日入った温泉が最高の温泉であったことは言うまでもなし。
ビールと外郎を流し込み就寝。


翌朝、早速2日目の目的地へ出発。

湯田温泉から新山口に向かう。

豆子郎が大好物になった息子は車内でも外郎をパクリ。こんな贅沢なオヤツは今だけだと念は推しておく。

新山口ではせっかくなので、入場券を買って新幹線を見ることに。
撮影スポットがあったためここで一枚。


息子は山陽新幹線に乗ったことがないため、念願の500系と初対面となる。

この2日で彼は彼の中の二大アイドル、レノ丸と500系に出会えたことになる。
やったね。

息子も満足がいったようなので、改めて目的地の「秋芳洞」へ出発。

中学の卒業旅行以来、約15年ぶりに訪れた。
あの頃はワクワクしてるのに、カッコつけて「だるいわー」とか言ってた自分に激しくビンタをしてやりたい。

秋芳洞に続く道は昭和から変わらないと思われる風景が続きノスタルジックではあるが、意外と若者が多かった。

みな、自分と同じビンタ組であろうか。

ともあれ、この旅のクライマックスへ突入。


パーフェクトヒューマンで突き進む息子。

涼しい道を突き進むとついに見えてきた。
非現実感が半端なく、子供以上に親がワクワクしている。

息子の口癖「クライトコ、コワイー!」が始まるが、さすがにここは強行突破。


おー!!


すげー!!!


でけー!!!!


カッケー!!!!!

中学生並みの感想しかでなかったが、本当に非現実を味わえ、皆大満足。

2日間で初めて暑さから解放されたこともあり、
家族がずっと笑顔でいれた大冒険だった。

この旅は行動範囲を狭めたし、あくまでレノファメインの旅であったため、観光地巡りできなかったことに後悔はない。

まだまだ山口にはお世話になることだし、ゆっくりじっくり巡って行こう。
次はどこに行こうかな。

山口旅行、これにて完結。