wizowizo’s blog

サッカーと音楽についてぼちぼちと。

2017/06/03 第17節 レノファ山口✖️横浜FC戦 〜サッカー観戦奮闘記〜

前回の湘南戦からちょうど1ヶ月。

最高の週末がまたやって来ました。

今回の横浜戦にトピックをつけるならば
「出会い、ふれあい」でした。

レノファサポさんと交流することは
サッカー観戦が試合の結果だけでないことを実感することができます。


では、試合内容を語らないブログスタート笑



6/3(土)
18時開始の試合だが、三ツ沢公園でサッカーでもさせるわと妻に告げ13時に家を出る。

東東京にあたる我が家からは1時間ほどですんなり横浜に到着した。


1時間電車に乗ってストレスがたまった息子を公園に放つ。

横浜で公園にたむろするキッズは怖いイメージがあるがそれはろくでなしブルースの影響か。
やつら電車に向かってヒロトを蹴っていたな。


早速、公園でレノファキッズに出会う。


みな、服がビッグサイズで可愛い。

一頻り遊ばせた後に開場を待つ列へと並ぶ。

いつもは息子と「ぼっち」観戦だが、
転勤解除が近づいており、最後の関東観戦になるであろう今回はレノファサポとどうしても交流がしたかった。

早速前に並ぶのはファミリー。
息子が早速笑顔で無言の語りかけを行い、
それに呼応してなぜかジャンプの連鎖が始まる。
そして数分後には手を繋ぎ遊ぶ。

私自身人見知りはしないが、ここまで潔いと圧巻である。



だって、レノファサポなんだろ?
既に仲間じゃないか。
と息子が言ってる気がした。




開場時にお友達ファミリーとは一旦別れを告げ、席の確保に走る。

ゴール裏の3列目とはかなり挑戦をしたものだ


試合が始まる頃、隣に親子が座った。


ユニは着ておらず、ふらっと見に着たのだなと推測し、今日は楽しんでくれたらなと思った。

コーナーキック時のチャントでタオマフを廻していると、その男の子が楽しそうに真似をしている。

ポルトのあるシーンが即座に浮かび、持ってきたもう一つのタオマフをその親子に渡す。

楽しそうにタオルをまわす男の子を見てお父さんも私たち親子も笑顔になる。

とても幸せな気持ちになった。

ここでも息子と男の子は友達になった。

お父さんと話すと前回の湘南戦も観戦にきたとのこと。

念願のレノサポさんとの観戦ができた。

試合は負けたが内容も良く、なんといってもワイワイ言いながら観戦できた。
念願のフォロワーさんにも会い、皆の優しさでとても良い気分になった。

帰り際にお礼にとスーパーボールを息子に手渡す男の子。
お互い喜び合いはしゃぐ息子達。


これからも多くのレノファサポちゃんと仲良くできたらいいね。