読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wizowizo’s blog

サッカーと音楽についてぼちぼちと。

我が家にレノ丸がやってきた




 f:id:wizowizo:20160530204504j:image
それはアンパンマンチョコと共に。

あまりにも唐突なため、
このダンボールが届くまでの経緯を少し書いてみる。
 
はじまりは5/15(日)
J2、いやJリーグ全体に対して衝撃を与えたと言ってもよい試合が行われた。

 
私はその試合に父を派遣した。
狙いはレノ丸のぬいぐるみだ。

諸々の事情により、
レノ丸を早々にゲットするためには、
大阪住まいのオトンを動かすのが、
最も早くて確かであると判断したのだ。

オトンは山口生まれとはいえ、
小学生の私と観に来た時以来、
約20年ぶりのサッカー観戦となる。

さらにサッカーより野球LOVEな漢。
昔万博には、あくまで私の保護者として行っていたはずだ。

そんなオトンの当日のメールがこれ。
f:id:wizowizo:20160530205847p:image

オトンが興奮している。

こんなコウフンしたオトンは
見た事がない。

すごい。
やはりサッカーはすごい。

試合を生で観戦して、
それが素晴らしい試合内容であるなら、
必ずサッカーを好きになれるはずだ。

そんな試合を妻と息子に観せてやりたい。



本題に戻る。
オトンが観戦中握りしめたレノ丸が
東京の我が家に届いた。

まだ妻と息子にとって、
レノ丸は唯のぬいぐるみでしかない。

だがスタートはぬいぐるみでも良い。
レノファをサッカーを好きになってくれ。

そんな思いを胸に、
まずはそっと息子の前に置いてみる。
f:id:wizowizo:20160531070402j:image

理解できず逃げる。
f:id:wizowizo:20160531210500j:image

再度促す。
f:id:wizowizo:20160531070527j:image

逃げる。
f:id:wizowizo:20160531210546j:image

再々トライ
f:id:wizowizo:20160531210709j:image

ん?トーマスあるやん。
f:id:wizowizo:20160531210635j:image

トーマスサイコー!ウヒョー!
f:id:wizowizo:20160531210754j:image

ということで、
息子にとってのレノ丸のポジションは、
おもちゃ界の最下層にあたるみたいだが
必ずやぬいぐるみNo.1の称号を
レノ丸に与えてやる。

いつの日か、
試合会場で生のレノ丸をみせてやるぞ
息子よ。

f:id:wizowizo:20160531211736j:image

f:id:wizowizo:20160531211817j:image
それまで、レノ丸と仲良くね。