wizowizo’s blog

サッカーと音楽についてぼちぼちと。

2016/11/3 第39節 東京V戦〜サッカー観戦奮闘記〜

11/3〔祝〕東京V戦 @味の素スタジアム

私にとってレノファ観戦三戦目、息子と妻は二戦目となる。

前回、千葉戦は中山選手の劇的な同点弾を目の前で見れたこともあり、ゴール裏での、いやサッカー観戦のおもしろさがわかった妻(と息子)。

今回は関東でのラスト観戦になるであろう東京V戦である。


私は関東に来て一年半で実は4度も味スタに来ている。
正直なところ全て対峙する「相手」チームなのだが、今回緑のユニとサポーターを見ると少し「味方」に見えた。
それは関東で一番観たチームだったからかもしれない。

しかし、今回はレノファ山口である。
ここはJ2残留を決めるためにも勝ち点3を頂くこととしよう。

前回の千葉戦が高評価だったため、家族観戦の承認は至極簡単であった。
今回も堂々とビジターゴール裏を選択。

そして当日。

スタジアムと家は同じTOKYOとはいえ電車で1時間はかかるが、前述の通り味の素スタジアムまでは目を瞑ってでもいける程だ。なんなら眠ってでも行ける。

到着すると、真っ先にゴール裏へ直行。
途中、ローカルゆるキャラと遭遇するが、
息子にはゆるキャラと判断されず全拒否される。(プライバシー保護のため顔は隠しておく。)


さて今回の試合だが、
理不尽な判定で2-2の引き分けとなった。

ブーイングをしないレノファサポでも、今回のブーイングは間違ってはいないと思う。
ただブーイングから選手への応援に切替えた、コールリーダの機転はとても素晴らしいものだった。

結果は残念だったがやはりレノファ観戦は楽しい。
息子も試合を重ねるごとにチャントに合わせ手拍子や足を踏み鳴らすことが多くなり、確実に試合観戦を楽しんでいるようだ。

なにより息子はついにレノ丸以外のレノファグッズを手に入れている。

1歳半のジャストサイズ90を大幅に超えるサイズ130しかなかったため、

「あほか!自分の息子のサイズもわからんのか!」

と怒る妻の顔が脳裏によぎるも、
スタッフさんの「いやいや!長い期間着れますよ!」の一言で購入を決意。

買ってその場で着させ席に戻ると案の定妻より
「あほか!自分の息子のサイズもわからんのかい!ほんまこれやから……ええやん……可愛いやん!」
といつもの息子を使った作戦によりなんとか乗り切る。

そして念願のレノファに囲まれての記念写真。

一年前の自分には、こんなにオレンジにまみれるとは予想もしていなかった。
やはり東京という土地に住むことで、郷土に対する想いが強まったのだろう。
東京に来てよかった。

来年からは関西でのレノファ観戦が始まる。
地元関西でレノファ生観戦ができることが今から楽しみだ。

埼玉スタジアムへGO!!〜サッカー観戦奮闘記〜

「最近自分の行動が行き過ぎてることはわかっています!それでも行かせてください!今しかないんです!」

9/25 午後6時。
私は土下座をしながら妻にこんなことを言っていた。

                                                                                    • -

実はこの週末10/1にガンバ対レッズがあることは知っていたが、9月に2試合も見に行っていることから生観戦は早々に諦めていた。

しかし、レノファ✖️ジェフ戦が予想に反し好感触だったので、少し調子に乗って妻に動画を用いプレゼンを試みたのだ。

さいたまのスタジアムはすごいぞー。
むっちゃ高いところから試合見れんねんぞー。
レッズとは因縁の対決やからサポーター同士もバチバチなんやぞー。

話をすればするほど、最近流れていなかった青い血がドクドクと流れてくる。

行きたい。まだ息子はガンバのサッカーを知らないのだ。それではダメだ…

神様仏様大黒様!

なんとかさいたまに行かせてください!



妻「嫌や。」



私「……( ̄◇ ̄;)」


私「……最近自分の行動が行き過ぎてることはわかっています!それでも行かせてください!今しかないんです!」


妻「……」


私「この通りです!」


妻「うっ…息子…」


こうして参戦が決定。息子よサンクス。


時を進めまして試合当日。
家から1時間半かけてさいたまに到着。

やっぱりデカイ。そしてタカイ。

超俯瞰での試合観戦は見たことがないため、
今回はメインアッパーというメインスタンドの上部席を選択。

せっかくなので1番上まで登ってみる。


素晴らしい光景だ。わざわざきた甲斐がある。


もう一つ、浦和の大応援も見たかった。

まさに言葉の圧だ。
息子はしばし唖然としている。

……決して飽きておもちゃに手を出したわけではない。唖然とした顔を見せることが出来なくて本当に残念だ。


試合結果は残念だったが良いものは見れた。

本当は久々にガンバの試合見たし、この大一番に負けたことは悔しい。
つい汚い言葉を吐き出してしまうところだが、今は一歳半の可愛い子供がいるので呑みこもう。

今年、あと一試合は観に行きたいなー。

FATWRECKCHORDSについてまとめてみた。

FATWRECKCHORDS(ファットレックコーズ)という海外の音楽レーベルについて纏めてみます。

決して売れ線の曲を歌ったり、チャートを賑わすバンド達ではないのですが、その方面に飽きてきたなと思ったら、聴いてみるのもよいかと思います。


2015年、まさかのFATWRECKCHORDS主催のイベントが幕張で開催され、しかもHi-standardが出演したため大きな話題になりましたが、
FATWRECKCHORDS自体の認知度は低いと思います。

そこでFATWRECKCHORDSとはなんぞや、を全く知らない方に10秒でわかるように書きますと

メロコアバンドを輩出する老舗レーベルで、世界各国のバンドが所属している。
・全体的に「疾走感がありキャッチーで、たまに哀愁さを出す変態」バンドが多い

・レーベルの社長はNOFXのFATMIKE
となります。

といってもなんのこっちゃだと思いますので、早速紹介していこうと思いますが、


その前にこのレーベルが出すコンピレーションアルバムでどうしてもはずせないアルバムから紹介します。

・Survival of the Fattest /V.A
1996年発売のこのコンピアルバムが正にFATWRECKの全てだと思います。
しかも日本人のハイスタで始まりラストが「カントリーロード」のカヴァーで終わるという入門篇としてなんとも見事なアルバムになっています。
https://m.youtube.com/watch?v=MVVNMY9_AuA

では改めて代表バンドを紹介していきましょう。

NOFX
90年代中頃にメロコアブームを起こした当人であり、前述のファットマイク社長が所属するバンド。


https://m.youtube.com/watch?v=lnhgdctSq34

https://m.youtube.com/watch?v=OBaIzzh4aA0


改めて見ると汚いですね笑。でも10年前の私には輝いて見えたのです!ギターにNOFXのステッカー貼ってピョンピョン飛んで弾いてました。だいぶMCで汚い言葉吐き出してますがご愛嬌ということで。

Hi-standard
説明は不要ですね。
https://m.youtube.com/watch?v=utL46HOurZc



LAGWAGON
NOFXの弟分的存在。
NOFXよりも日本人が好きな曲調が多いのが特徴です。
https://m.youtube.com/watch?v=ZFzF1zRF610

WIZO
ドイツのバンド。ドイツ語で歌うのですぅーと入ってこない感じが逆に良い。
私の名前はこのバンドから拝借しています。
https://m.youtube.com/watch?v=uQBKyoLE_X8

NO USE FOR A NAME
残念ながらボーカルのトニーが2012年に死去したため解散となったバンド。
哀愁を感じる曲が多くじっくり聞きたくなるバンドです。激しいけど。

https://m.youtube.com/watch?v=WgrXvgwlFSE

https://m.youtube.com/watch?v=NRUe4NbHWgA




・Me First & The Gimme Gimmes
ファットレックに所属しているメンバーが集まりひたすらカヴァーをするバンド。
日本の曲をカヴァーしたアルバムが出ているがそちらは少し残念。
https://m.youtube.com/watch?v=M50lKtaE8rs

STRUNG OUT
ファットレックの中で最も技巧派バンドではないでしょうか。
なんせ速い。とにかく速い。でもキャッチー。
https://m.youtube.com/watch?v=TxaE7QCz-zY




いかがでしたか?
このほかにもたくさんバンドはいますが有名な7バンドを紹介しました。
このレーベルは若手がバンバンでてくるような感じではなく、ベテランバンドがいつまでもがんばっているイメージが強いので全てベテランバンドになりました(言い訳)。

また、第二弾も紹介できればと思います。

 

 

レノファだ!アウェイだ!ゴール裏だ!〜サッカー観戦奮闘記〜

f:id:wizowizo:20160921195738j:image

9/18(日)

レノファ✖️ジェフ戦を観に行ってきました。しかも今回は、念願の妻と子供を引き連れてのゴール裏観戦。

 

未だ観戦に面白さを見出せない妻と、開始10分でそわそわする子供。

過去のブログを見ていただければ、「何を血迷ったんだお前」と言われても反論する言葉がありません。

 

しかしチャレンジをするにも訳があります。今年レノファを観戦できるのはこの千葉戦と東京V戦のみ。来年帰阪することから少しでも東京での思い出を作りたい、父の必死で勝手な思いがあるからです。

 

さてさてユニもレノファTも持ってない(妻が怖くて買えない)私と息子は、ユニクロ西松屋でオレンジTを調達し準備完了。

f:id:wizowizo:20160919205027j:image

兎にも角にも出発。

フクアリ京葉線蘇我駅にあります。

降り立つと早速歓迎のお言葉が。

f:id:wizowizo:20160919205014j:image

 いやーどうもどうも。

f:id:wizowizo:20160919205124j:image

f:id:wizowizo:20160919205152j:image

さすが駅、駅前とジェフ一色ですね。

これぞジェフ駅。

 

そんでまたスタジアムへの道が素敵。

f:id:wizowizo:20160919205238j:image

街とチームの一体感はジェフが一番かもなんて考えていると、あっという間にフクアリにつきました。

 f:id:wizowizo:20160919205305j:image

コンパクトながら素晴らしいスタジアムです。

 

今日は妻が少し遅れてくるので、しばしスタジアム前でひと休憩。

レノ丸を持たせ、ジェフィーヌが寄ってくるのを待つが効果はなし。

f:id:wizowizo:20160919211030j:image

 さらに合流まで(ジェフィーヌが来るまで)喜作の唐揚げと缶チューハイで息子と乾杯。

そんな少しばかりの幸せな時間を過ごした後、妻と合流(ジェフィーヌが来なかったので)し、いざゴール裏に。

 

雨が少し降ってきたので、上の方は風で吹き込んで濡れるから下に行こうとうまく誘い出し、まさかのゴール真裏の席に着席です。

f:id:wizowizo:20160919211452j:image

 

うおっ、近い!

これまでゴール裏は万博、味の素、町田しか行ったことがないため、この距離感は異次元です。

f:id:wizowizo:20160919231500j:image

フラッグもあがりテンションも上がります。

 

そして選手入場。

f:id:wizowizo:20160919231533j:image

前に座っていた子供達がゲーフラやタオマフを掲げていてとても可愛い。

変わってうちの息子はこんな感じ。

f:id:wizowizo:20160920210537j:image

 初のゴール裏で圧倒されていますが、レノ丸はしっかり持っています。

 

試合が始まりました。

 f:id:wizowizo:20160921195855j:image

さて私は基本的にブログで試合内容は割愛しているのですが、今回ももれなく試合について書きません。代わりに妻について書こうと思います。

 

妻は現地観戦に否定的です。

さらに子供が生まれてからは、試合終了まで観ることすらできなくなりました。

もちろん我が家では息子が1番なので、途中退場でも納得して帰るのですが、これでは試合の楽しさが伝わりません。

「息子、楽しんでないやん!もうこれで終わりや!」といつ言われないかビクビクしていました。

 

しかし今回、中山選手の劇的同点ゴールという結果もわかりやすい試合を観戦した妻は一言、こう言いました。

「なんや、ゴール裏の方がおもろいやん。最初からこれでええやん。」

 f:id:wizowizo:20160921200652j:image

なんということでしょう。

フクアリというフィールドと席の近さ。

太鼓の音で喜ぶ息子。

喜作のソーセージ。

この他にもいろんな好条件が重なったのかもしれませんが、ついに合格点を頂きました。

初めて試合を見に行った3年前からどんなに長かったことか。夢であった一緒にユニを着て応援できる日が来るもしれません。持っていませんが。

 

そして、息子くん。

我慢して観てくれてありがとう。

 

f:id:wizowizo:20160921193000j:image

って、寝てんのかーい!!

 

というわけで次の目標は息子と試合を楽しむことになりました。

まだまだ奮闘記は続きそうです。

 

 あ、ハーフタイムにこっそりレノファT買ってこっそり着替えたのは内緒です。

 

東京23区でもサッカーはアツイ!〜サッカー観戦奮闘記〜

東京23区で最もJリーグに近いチームはどこだろうか。

 

現在のカテゴリから考えると、それは東京23FCになる。

 

このチームは私が大阪から東京に来た1年で、最も試合を観戦したチームだ。

 

物心ついた頃にJリーグが開幕し、ガンバ大阪が当たり前の様に自分の応援するチームとなって早20年。

大阪を離れることになった私は、ガンバ以外のチームも好きになろうと試みる。

しかし東京23区内に住んでみてわかったことは

味の素スタジアムは遠すぎる」ということである。

正確にはそこまで遠くない。電車で1時間で行ける。

ただ街の空気が違うので遠く感じるのだ。

味の素スタジアムには2回見に行ったが、どうしてもしっくりくることはなかった。(ただしヴェルディは好きになった。)

 

そこで地域リーグに目を向ける。

そこで出会ったのが東京23FCだった。

住んでいる江戸川区に競技場があり観戦は無料。なにより集客のためのイベントに力を入れている。

以上はライトユーザーに多いファミリー層の観戦にはとても重要な事だ。

これらを満たしているのが今の東京23FCであり、江戸陸であった。

 

そんな私も週末に家族での観戦を楽しみにしている1人で、特に今回は気合が入っていた。

理由は 「今度こそ試合を最後まで見ること」だ。

 

 これまでも息子と数試合を見ているのだが、これが一番難しい。

 

なんせ家族でのサッカー観戦は「私の趣味」以外の何物でもないからである。

 

もちろん、いろんなキャラクターを見たり、美味しいものを食べれるのは楽しいと言ってくれるのだが、肝心のサッカー観戦でまだ楽しさがわからないとのこと。(テレビでは面白いと言ってくれているが。)

 

今日もわかってはいる。

17時キックオフであることは、1歳半の子供が寝る時間から逆算すると試合終了の笛を聞くのは厳しいことを。

 

そうこうしてる間に選手入場が始まった。

お客さんはかなり入っている。

地域リーグでこんなに入るチームはそう多くないだろう。

f:id:wizowizo:20160911225848j:image

 

ふと視線を上げると西日が差している。江戸陸は臨海ならではのこの風景が素晴らしい。

f:id:wizowizo:20160912204000j:image

 

さぁ、試合の始まり、応援の始まりだ。

息子は最近リズムをとるのが好きで、これまでの観戦より楽しそうだ。

f:id:wizowizo:20160911230021j:image

 

 試合が始まってすぐバックスタンドが開放された。息子もそろそろ落ち着かなくなってきたので向かってみる。

バックスタンドは初めてだ。

f:id:wizowizo:20160912080929j:image

 

こちらから見るとスタンドの埋まり方がよくわかる。

 f:id:wizowizo:20160912123907j:image

さらに引くとアウェイ側までぎっしりなのがわかる。

 

 少しばかりバックスタンドから試合を観戦していたが、子供が歩きたがったのでメインスタンドに戻る。ゴール裏からメインスタンドの間は完全にフィールドとフラットだ。
 f:id:wizowizo:20160912124214j:image
 

 

f:id:wizowizo:20160912081026j:image

前半終了間際になると、夕日と相まってとても良い雰囲気になった。

 

すぐ目の前で激闘が行われているにも関わらず、少しノスタルジックな気持ちになる。

それは景色のせいではなく、私にとっての試合終了が刻一刻と近づいているからである。

 

ついにその時はやってくる。

あくまでも試合を観戦しながら、いろんな視点で楽しんだ後、席に戻るや否や妻から一言。

 

「もう眠そうやで。満足やろ?後半見んの?」

 

「……はい、満足です。」

 

(私にとっての)ホイッスルが鳴った。

 

 

実は今年中に大阪に帰阪する予定なので、これが最後の江戸陸観戦となる。 

しみったれた私はブルーハーツの夕暮れを口ずさんだ後、

東京23FCよ、優勝してJFLに上がったら関西で会おう」と静かに告げた。

f:id:wizowizo:20160912210640j:image

 

息子が大きくなって、「最初に観た試合なんやったん?」と聞いてきたら「東京23FCやで。」と答えるつもりである。

その時このチームはどのカテゴリにいるのか楽しみだ。

これからも遠くから応援しています。

 f:id:wizowizo:20160912205040j:image

 

 

 

 

サッカー観戦奮闘記〜念願のレノファ観戦〜

こんなに試合観戦が楽しみだった事は、ここ10年なかったと思う。

 

 ファンクラブに入りレノ丸のぬいぐるみも買い、父に試合観戦(しかもあのセレッソ戦)までさせたが、肝心の私自身の試合観戦ができずにいた。

 

それぐらい私にとって念願だったレノファ観戦。

f:id:wizowizo:20160808183314j:image

 

事前にツイッターなので情報収集すると、ゴール裏の雰囲気がとてつもなく良いとのこと。

昔ガンバの試合を見に行くと、サポーターの間でライトなファン層の取り合いを目の当たりにして以来ゴール裏からは遠ざかっていた。 

だが結婚し子供が生まれ家族が出来た今、アットホームなレノファサポーターに憧れていた。(ここでは妻がサッカー観戦興味無しということはあえて触れないでおく)

 

さて前置きが長くなったがここから本題。

8/7(日)14:30 家から1時間かけて町田に着き、競技場近くのバス停まで向う。

 f:id:wizowizo:20160817230949j:image

バス停から競技場までの道のりについて、知識を入れぬままたどり着いた私は不安と高揚でテンションMAXになったが、

なぜか、についてはこのブログの主旨から外れることになるため説明を割愛する。

 

でもちょっとだけ写真なんか載せちゃったりする。

 f:id:wizowizo:20160817231656j:image

 f:id:wizowizo:20160817232412j:image

f:id:wizowizo:20160817232426j:image

f:id:wizowizo:20160817232442j:image

 …ね。

どんなとこにあんねん、やね。

 

話を戻そう。

ついに競技場に辿り着いた。

青ユニ一色のメインスタンド横を足早に通り過ぎ、アウェイのゴール裏に向かう。

f:id:wizowizo:20160817233236j:image

ちなみに競技場は外観がかなりイケている。

競技場と聞くとどうしても行き慣れた万博をイメージするからか。(決して愛した万博をディスってはいないよ。)

 

アウェイのゴール裏入口ではかなりのレノファサポが集まっていた。

初観戦のため、私は一人少し離れたところでビール片手に小説 夏への扉を読む。

こんな時間が好きだが、そこまで文学少年ではない上に、横でテニスの壁打ちする音が大きいので、内容が頭に入ってこなかったことは恥ずかしながらも書いておこう。

 

かれこれゆうてる間に、会場。

f:id:wizowizo:20160817233816j:image

スタグルとビールで早めの夕食。

見た目はこんなんですが、タコライスおいしかったよ。

f:id:wizowizo:20160817233758j:image

 

 さて、ここからが本題なんですよ!

試合の内容は!

 

f:id:wizowizo:20160817234055j:image

 

いやー楽しかった…

(はしょるんかい!)

f:id:wizowizo:20160817234655j:image

本当にホント。

0-2から前半アディショナルタイムに追いついた時の周りの人とするハイタッチなんて久々。

いつもはよく見えるところからDFのラインがどうだとか、くさびに対する動きがどうだとかの話を、ビール片手に話しするのが主流となった最近では味わえなかったこの感動。

 

それにファミリー層が多い多い。

ゴール裏でこんなにアットホームで素晴らしい雰囲気はなかなかない。

(そんないろんなとこ行ってないけど断言してみる。)

 

いつかは子供も連れて一緒に山口一番を歌いたい。

f:id:wizowizo:20160817234820j:image

 

約1年越しに叶った念願のレノファ観戦。

 

山口で生まれ3歳で大阪に引っ越しコテコテの大阪人になった自分でも、こうやって郷土愛を噛み締めることができるレノファの存在はとてつもなく貴重で大切だ。

 

いつか同じく愛するガンバと対戦する時を夢見て、これからも応援しよう。

 

 

 

今やりたいことを100個出してみよう。

飲み会の場で普段仕事の愚痴しか言わない上司が珍しく(?)良い事を言った。


「今やりたい事を100あげてみろ。
10あげるんやない、100や。
ほんなら自分がしたいと思っている事は実はすぐ出来ることがほとんどや。
忙しい今の年齢やからこそいろいろやれ。俺はやれんかったからおまえはやれ。」

同じようなことはネットでもブログでも
腐るほど書いているが、

意識高い系の人ではない、

大変失礼だが特段優れてる人でもない、

日々必死にそして地道に頑張っている上司の言葉なのでグッときた。
(この上司を私は人として好きであるのはもちろんだ。)


さて、
いざやってみるとこんなに出ないのかと凹むほど出てこない。
最初は15個出すだけで精一杯だった。

ただその壁を越えると、
そこからは自然と自分は今後何をやっていきたいのかを考え始める。

このブログもそう。
私のやりたかったけど、ずっとやってこなかった100のうちの一つ。

何かが劇的に変わったということはないが、
こんな簡単な事をずっとやりたい事だと頭の片隅でずっと思っていたのだ。

逆に、
こんな事をずっとやりたいやりたいと思ってたのかと後悔するものもある。

これらは経験して、やっと判断ができる。


何でも手を出して結果中途半端になることはよくないが、
今後の将来を左右する出来事になるものを、
頭の中だけで留めておく方が更によくない。

まずはやってみる。
やってみて楽しかった事、
今後もやりたい事、
やってよかったと思った事。

これらを経験し自分の財産として、
さらに取捨選択すること。

これが大事。

まだまだ新しい事を吸収して、
楽しい人生を送りたい。

そんな事を改めて思わせてくれた上司に感謝。


今まで何百回と同じ愚痴を聞かされたご褒美かも。笑