wizowizo’s blog

サッカーと音楽についてぼちぼちと。

東京23区でもサッカーはアツイ!〜サッカー観戦奮闘記〜

東京23区で最もJリーグに近いチームはどこだろうか。

 

現在のカテゴリから考えると、それは東京23FCになる。

 

このチームは私が大阪から東京に来た1年で、最も試合を観戦したチームだ。

 

物心ついた頃にJリーグが開幕し、ガンバ大阪が当たり前の様に自分の応援するチームとなって早20年。

大阪を離れることになった私は、ガンバ以外のチームも好きになろうと試みる。

しかし東京23区内に住んでみてわかったことは

味の素スタジアムは遠すぎる」ということである。

正確にはそこまで遠くない。電車で1時間で行ける。

ただ街の空気が違うので遠く感じるのだ。

味の素スタジアムには2回見に行ったが、どうしてもしっくりくることはなかった。(ただしヴェルディは好きになった。)

 

そこで地域リーグに目を向ける。

そこで出会ったのが東京23FCだった。

住んでいる江戸川区に競技場があり観戦は無料。なにより集客のためのイベントに力を入れている。

以上はライトユーザーに多いファミリー層の観戦にはとても重要な事だ。

これらを満たしているのが今の東京23FCであり、江戸陸であった。

 

そんな私も週末に家族での観戦を楽しみにしている1人で、特に今回は気合が入っていた。

理由は 「今度こそ試合を最後まで見ること」だ。

 

 これまでも息子と数試合を見ているのだが、これが一番難しい。

 

なんせ家族でのサッカー観戦は「私の趣味」以外の何物でもないからである。

 

もちろん、いろんなキャラクターを見たり、美味しいものを食べれるのは楽しいと言ってくれるのだが、肝心のサッカー観戦でまだ楽しさがわからないとのこと。(テレビでは面白いと言ってくれているが。)

 

今日もわかってはいる。

17時キックオフであることは、1歳半の子供が寝る時間から逆算すると試合終了の笛を聞くのは厳しいことを。

 

そうこうしてる間に選手入場が始まった。

お客さんはかなり入っている。

地域リーグでこんなに入るチームはそう多くないだろう。

f:id:wizowizo:20160911225848j:image

 

ふと視線を上げると西日が差している。江戸陸は臨海ならではのこの風景が素晴らしい。

f:id:wizowizo:20160912204000j:image

 

さぁ、試合の始まり、応援の始まりだ。

息子は最近リズムをとるのが好きで、これまでの観戦より楽しそうだ。

f:id:wizowizo:20160911230021j:image

 

 試合が始まってすぐバックスタンドが開放された。息子もそろそろ落ち着かなくなってきたので向かってみる。

バックスタンドは初めてだ。

f:id:wizowizo:20160912080929j:image

 

こちらから見るとスタンドの埋まり方がよくわかる。

 f:id:wizowizo:20160912123907j:image

さらに引くとアウェイ側までぎっしりなのがわかる。

 

 少しばかりバックスタンドから試合を観戦していたが、子供が歩きたがったのでメインスタンドに戻る。ゴール裏からメインスタンドの間は完全にフィールドとフラットだ。
 f:id:wizowizo:20160912124214j:image
 

 

f:id:wizowizo:20160912081026j:image

前半終了間際になると、夕日と相まってとても良い雰囲気になった。

 

すぐ目の前で激闘が行われているにも関わらず、少しノスタルジックな気持ちになる。

それは景色のせいではなく、私にとっての試合終了が刻一刻と近づいているからである。

 

ついにその時はやってくる。

あくまでも試合を観戦しながら、いろんな視点で楽しんだ後、席に戻るや否や妻から一言。

 

「もう眠そうやで。満足やろ?後半見んの?」

 

「……はい、満足です。」

 

(私にとっての)ホイッスルが鳴った。

 

 

実は今年中に大阪に帰阪する予定なので、これが最後の江戸陸観戦となる。 

しみったれた私はブルーハーツの夕暮れを口ずさんだ後、

東京23FCよ、優勝してJFLに上がったら関西で会おう」と静かに告げた。

f:id:wizowizo:20160912210640j:image

 

息子が大きくなって、「最初に観た試合なんやったん?」と聞いてきたら「東京23FCやで。」と答えるつもりである。

その時このチームはどのカテゴリにいるのか楽しみだ。

これからも遠くから応援しています。

 f:id:wizowizo:20160912205040j:image

 

 

 

 

サッカー観戦奮闘記〜念願のレノファ観戦〜

こんなに試合観戦が楽しみだった事は、ここ10年なかったと思う。

 

 ファンクラブに入りレノ丸のぬいぐるみも買い、父に試合観戦(しかもあのセレッソ戦)までさせたが、肝心の私自身の試合観戦ができずにいた。

 

それぐらい私にとって念願だったレノファ観戦。

f:id:wizowizo:20160808183314j:image

 

事前にツイッターなので情報収集すると、ゴール裏の雰囲気がとてつもなく良いとのこと。

昔ガンバの試合を見に行くと、サポーターの間でライトなファン層の取り合いを目の当たりにして以来ゴール裏からは遠ざかっていた。 

だが結婚し子供が生まれ家族が出来た今、アットホームなレノファサポーターに憧れていた。(ここでは妻がサッカー観戦興味無しということはあえて触れないでおく)

 

さて前置きが長くなったがここから本題。

8/7(日)14:30 家から1時間かけて町田に着き、競技場近くのバス停まで向う。

 f:id:wizowizo:20160817230949j:image

バス停から競技場までの道のりについて、知識を入れぬままたどり着いた私は不安と高揚でテンションMAXになったが、

なぜか、についてはこのブログの主旨から外れることになるため説明を割愛する。

 

でもちょっとだけ写真なんか載せちゃったりする。

 f:id:wizowizo:20160817231656j:image

 f:id:wizowizo:20160817232412j:image

f:id:wizowizo:20160817232426j:image

f:id:wizowizo:20160817232442j:image

 …ね。

どんなとこにあんねん、やね。

 

話を戻そう。

ついに競技場に辿り着いた。

青ユニ一色のメインスタンド横を足早に通り過ぎ、アウェイのゴール裏に向かう。

f:id:wizowizo:20160817233236j:image

ちなみに競技場は外観がかなりイケている。

競技場と聞くとどうしても行き慣れた万博をイメージするからか。(決して愛した万博をディスってはいないよ。)

 

アウェイのゴール裏入口ではかなりのレノファサポが集まっていた。

初観戦のため、私は一人少し離れたところでビール片手に小説 夏への扉を読む。

こんな時間が好きだが、そこまで文学少年ではない上に、横でテニスの壁打ちする音が大きいので、内容が頭に入ってこなかったことは恥ずかしながらも書いておこう。

 

かれこれゆうてる間に、会場。

f:id:wizowizo:20160817233816j:image

スタグルとビールで早めの夕食。

見た目はこんなんですが、タコライスおいしかったよ。

f:id:wizowizo:20160817233758j:image

 

 さて、ここからが本題なんですよ!

試合の内容は!

 

f:id:wizowizo:20160817234055j:image

 

いやー楽しかった…

(はしょるんかい!)

f:id:wizowizo:20160817234655j:image

本当にホント。

0-2から前半アディショナルタイムに追いついた時の周りの人とするハイタッチなんて久々。

いつもはよく見えるところからDFのラインがどうだとか、くさびに対する動きがどうだとかの話を、ビール片手に話しするのが主流となった最近では味わえなかったこの感動。

 

それにファミリー層が多い多い。

ゴール裏でこんなにアットホームで素晴らしい雰囲気はなかなかない。

(そんないろんなとこ行ってないけど断言してみる。)

 

いつかは子供も連れて一緒に山口一番を歌いたい。

f:id:wizowizo:20160817234820j:image

 

約1年越しに叶った念願のレノファ観戦。

 

山口で生まれ3歳で大阪に引っ越しコテコテの大阪人になった自分でも、こうやって郷土愛を噛み締めることができるレノファの存在はとてつもなく貴重で大切だ。

 

いつか同じく愛するガンバと対戦する時を夢見て、これからも応援しよう。

 

 

 

今やりたいことを100個出してみよう。

飲み会の場で普段仕事の愚痴しか言わない上司が珍しく(?)良い事を言った。


「今やりたい事を100あげてみろ。
10あげるんやない、100や。
ほんなら自分がしたいと思っている事は実はすぐ出来ることがほとんどや。
忙しい今の年齢やからこそいろいろやれ。俺はやれんかったからおまえはやれ。」

同じようなことはネットでもブログでも
腐るほど書いているが、

意識高い系の人ではない、

大変失礼だが特段優れてる人でもない、

日々必死にそして地道に頑張っている上司の言葉なのでグッときた。
(この上司を私は人として好きであるのはもちろんだ。)


さて、
いざやってみるとこんなに出ないのかと凹むほど出てこない。
最初は15個出すだけで精一杯だった。

ただその壁を越えると、
そこからは自然と自分は今後何をやっていきたいのかを考え始める。

このブログもそう。
私のやりたかったけど、ずっとやってこなかった100のうちの一つ。

何かが劇的に変わったということはないが、
こんな簡単な事をずっとやりたい事だと頭の片隅でずっと思っていたのだ。

逆に、
こんな事をずっとやりたいやりたいと思ってたのかと後悔するものもある。

これらは経験して、やっと判断ができる。


何でも手を出して結果中途半端になることはよくないが、
今後の将来を左右する出来事になるものを、
頭の中だけで留めておく方が更によくない。

まずはやってみる。
やってみて楽しかった事、
今後もやりたい事、
やってよかったと思った事。

これらを経験し自分の財産として、
さらに取捨選択すること。

これが大事。

まだまだ新しい事を吸収して、
楽しい人生を送りたい。

そんな事を改めて思わせてくれた上司に感謝。


今まで何百回と同じ愚痴を聞かされたご褒美かも。笑

wizowizoの朝に聴きたい邦楽ROCKはコレだ【7選】

以前洋楽ROCKをピックアップしたので

今回は邦楽で2000年代を中心にチョイスしてみました。

 f:id:wizowizo:20160629003855j:image

それでは、爽やかにどうぞ。

 

1.MUDA/SAKEROCK

2010年。

一曲目はこれ。

星野源やハマケンがやっていたインストバンド

MVがいつまで見ていられる秀作。

 

2.キャノンボール中村一義

2002年。

気を抜くと洋楽を聴いているような曲を歌うバンドが私は好きだ。

歌詞も聞き取りにくいのだが、

この歌詞だけはスッと脳に入ってきてドキッとする。

「僕は死ぬように生きていたくはない」

 

3.愛のしるしスピッツ

1999年。

多分日本で一番爽やかなバンドと言ってそんなに反論はでないだろう。

そんなスピッツにおいて少し外したこの曲をご紹介。

ついつい踊ってしまうよね。

 

4.ロックンロール/くるり

2004年。

こんなに素晴らしいリフなかなか無い。

曲の入りとリフでこの曲の素晴らしさが決まったと言っても大袈裟ではない。

 

5.さよならなんて云えないよ/小沢健二

1995年。

オザケンはROCKだ!

オッケーよってみんなで合唱すれば

それはシンガロングだ!

にしてもキュンキュンする曲を歌うね。

 

 

6.SWEET DAYS /BLANKEY JET CITY

2000年。

最初のギターのミュートで弦の音がピックと擦れる音までじっくり聴かせてくれるし、

舐めたように歌う中にカッコ良さがある。

最近ではまず流行らないであろうこのバンドは当時J-POP界においても先陣を切っていた。カッコいい。

 

7.higher/the band apart

2004年。

1stが衝撃だったバンアパの一曲。

 イントロから15秒のベースの入りがとても気持ち良い。

爽やかさの中にも中毒性があって、じっくり聞くとふと酔ってしまう。

 

 如何でしたか?

自分の好きなテーマで選んできたら、

MVの半分がモノクロであることは偶然なのでしょうか…

 

ぜひ皆さんも朝の通勤時に、

これらの曲を聴き爽やかな気持ちになってリフレッシュしましょう。

 

終わり。

 

 

 

 

東京ローカル観光〜スカイツリーへレッツポタリング

昨日、急遽妻と子供が出かけたので、ポタリングを計画。

大阪在住時代は大阪市と他市の境目をなぞってポタリングなど趣向を凝らしていましたが、

東京はなにせ初めてなもので、ここはドメジャーにスカイツリーを選択。



私の愛車はGIOSくんです。

洒落ていて、性能より見た目重視な生意気な子です。
そのためガチのロードバイクとツーリングすると能力の差を見せつけられるので、
私と2人の旅を好む可愛い子です。

今日はレノファタオルと共に行きます。



すぐに大きな新船堀橋を渡ります。
まだサイズはこんなもん。




10分走れば猿江恩賜公園に着きました。
すでにスカイツリーはこの大きさに。

これは目的地を近くにし過ぎたか…
いや、約1年乗っていなかったからお尻が既に痛い。適切な目的地だ。
などと、1人でもごもごいいながら、


さらに10分漕ぐや、目的地に到着!

GIOSくん、
東京で始めてのゴールスナップ!



ここどこやねん。


なんやねん、後ろのでかいのはってなるやろ?

もうちょいひいて映る場所いかんかい。




そうそう……


いや、知ってるからええねんで。
わかるねんで。
でもな、やっぱ全体映さな締まらんやろ?もうちょっとなんとかなるやろ?





それ!
ええやん。ばっちり、わかるやん!
俺のブルーが映えるやん。
下からぐわっとええ感じやん。


などと、1人スカイツリーの下で自転車と会話しながら寂しく写真を撮りました。


帰りの1ショット。

うん。これぐらいが丁度ええな。

因みに、
ツイッターで載せましたが、
ハッシュタグポタリングではなく、
ボルダリングと間違えて書いてしまい、
地味に恥ずかしい思いをしたプチ観光でした。

以上!

息子をいろんなJリーグのタオマフで巻いてみた

私はJリーグチームのタオマフ(タオルマフラー)が好きだ。

 f:id:wizowizo:20160620215059j:image

 

ただ、妻には面積が少ない活用しづらい「タオル」でありコレクションを増やすことは困難。

 

ここはタオマフコレクションなるものを開催し、タオマフの認知と利用拡大を図る。

 

ちなみに息子のポーズに変化はないが、

いないいないばぁの連続再生によるもので、決して強制や脅しによるものではない。

ご安心を。

 

 

まず1作目

レノファ山口」2016年購入。

f:id:wizowizo:20160620075341j:image

今年J2で旋風を起こしている山口タオマフ。

今年購入したためふんわりしており、

巻き心地も良い。

センターにゴツいエンブレム有り。

 

オトンオススメNo. 1だ。

 

 

それでは2作目

ジェフ千葉」2015年購入。

f:id:wizowizo:20160620080410j:image

 

息子が生まれて初めて見た試合で手に入れたタオマフ。

なんといってもポイントはチーバくん

コレならアリと妻からも唯一評価された万人受けする秀作。

 

 

では3作目。

ガンバ大阪」2013年購入。

f:id:wizowizo:20160620125347j:image

ガンバ大阪がJ2にいた時の一枚。

Jリーグ開幕からのサポだが、最近少し熱が冷めていた。

ただ東京に転勤しいろんなチームを見て

改めてガンバ愛に気づかされた。

 

……おぉ息子よ。

おまえが巻いていたのを忘れて思い出に耽っていたよ。

 

続いて4作目

東京ヴェルディ

 f:id:wizowizo:20160620125431j:image

 2016年J2開幕戦にて、無料配布していたタオマフ。

見た目のインパクトに欠けるが、タダで二枚ゲットできたことにより一定の評価。

 

5作目

日本代表」2006年。

f:id:wizowizo:20160620211851j:image

大学生時代、バイト仲間一同からプレゼントされた一品。

サッカー好き=代表好きと思われていたようだが、

代表はそこまでLOVEではないで。

なんて言えなかった21の夏の想い出。

いまも家のタオルとして現役バリバリ。

生地もバリバリ。

 

締めの6作目

ガンバ大阪」 1992年?購入。

f:id:wizowizo:20160620212857j:image

もはや我が家で生ける伝説と言われている、

パナソニックガンバ大阪タオル。

なんせ小学校時代から高校サッカー時代まで、サッカー時のタオルとして、常にローテに入っていた。

サッカーだけでなく旅行やサマソニにも持って行った…懐かしい。

ガシガシの触り心地だが、

たぶん20年後も使われているであろう

最強タオマフ。

 

それぞれに想い出があり、時代を重ねる毎に味の出るタオマフ。

 

次はどのタオマフを巻いて観戦しようか。

どのチームのタオマフを買おうか。

楽しみだ。 

 

 

 

 

 

 

サッカー観戦奮闘記〜味の素スタジアムに立つ

6/11(土)味の素スタジアム感謝デー

この日、AJINOMOTOがスタジアムを使い
お客様へ感謝を伝えるイベントが行われた。

「天然芝を走れるよ」的な事が広告で
書かれていたので、歩き始めた息子のためにと交渉し、めでたく遠征が決定した。

2月の札幌✖️東京Vを観戦からなので、4ヶ月ぶりの飛田給


ファミリー層が吸い込まれていく風景はいつもと違い新鮮。


席に向かう。

既にFIFAアンセムは流れ終わった後のようだ。


いざ、グラウンドへ。


グラウンドに立ってみると感じること、
それは暑さだ。
芝生からのもわっとした熱気がすごい。

一通りイベントやブースを見終わり、
ぼちぼち帰ろうとしたころに見覚えのあるヤツがいた。



普段は人気者だが、いかんせん今日はサッカーがメインではない。

よって彼の本日の営業は能動的だ。
子供を見つけたらすかさず駆け寄り、
お母様達に
「見たことある!写真とってもらおー」
と、巧みに再認知をしてもらっている。

J1復帰へ地道な活動をしている姿に少し感動を覚えた。

私達が駆け寄るとレノファタオルが
目に入ったのか先ほどとは対応が違う。初対面のくせにがっつり肩に腕を廻してくる。
「やぁ、僕ヴェルディ君、皆元気?」
ではなく、
「おぉ、おまえか。ようきたなー」であった。

そして息子を無理やり抱き抱え、
写真を撮れと要求をしてきた。

抱き慣れている。彼は確実に父であろう。

ここまでガシガシくると逆に清々しい。


最後に握手をして、J2での健闘を祈る。
息子は手を振り別れを惜しんだ。



トーマスの大型模型に会わなければ、
息子にとって一番の想い出になったであろう。

改めて良いスタジアムだ。